お庭の便利アイテム、除草剤が注目されはじめている理由。でもグリホサートとは?

お庭づくりやリフォームの際には、雑草の生えにくい敷材を上手に取り入れて、メンテナンスしやすいデザインにすることが重要です。

 

しかし、それでも完全に雑草が生えてこないようにするのは残念ながら難しく、効率的なお手入れが必須です。

 

雑草の殆どは自然に繁殖してしまっているもので、「雑草」とは特定の植物の種類を指すものではなく、その草が生えている土地の所有者にとって邪魔な草であることはみなさん良くご存知かと思います。抜いた雑草から目には見えない小さな種子が土に落ちたり、風に乗って遠くまで運ばれる種類の植物の種子が飛ばされてきたり、また鳥のフンの中に混じった種子により、望まれぬ植物が思いも寄らない場所で繁殖していくことになります。

 

雑草の生い茂ったお庭は見栄えが悪いだけではなく、他に育てている植物の栄養を奪ったり、作物を食い荒らす害虫が発生したり、日当たりが悪くなって病気が発生したりする原因となるため、綺麗な庭を維持するためには、四季を通じて除草剤による対策が大変効果的です。

 

ここでは日本で一番使われている除草剤、グリホサート系除草剤についてご紹介します。

 

グリホサート とは?

 

グリホサート 農薬は、1974年に開発されたアミノ酸系除草剤の一種です。

 

根から雑草を枯らすため除草作業に大変効果的で、農業をはじめ家庭園芸にも広く使用されています。ほとんどの雑草を除草でき、また散布後は短時間で土壌に吸着され分解されることから環境汚染の可能性が小さく、また人体への安全性も高いとされています

 

グリホサート 除草剤を主成分とした除草剤はその効果が高いことから世界的に評価されており、日本では最も販売量が多く、世界で最も広く生産されている除草剤です。

 

グリホサート 発がん性の根拠はあるの?

 

除草剤に関しては、発がん性について心配の声がしばしば上がりますが、その多くは誤った情報です

世界保健機関 (WHO) の下部組織である国際がん研究機関 グリホサート (IARC) が、2015年3月にグリホサートをグループ2A「ヒトに対しておそらく発がん性がある」に分類したことが発端となっているものと思われますが、同等のグループ2Aに分類されているのが「赤肉、夜間勤務、65度を超える熱い飲料」等であることからもその安全性は心配されるようなものではないということがお分かりいただけると思います。

日本を含む主要国の規制当局は、すべての農薬と同様にグリホサート 使い方に関する最新の安全性データを常に調査しています。その調査結果としてグリホサート 発がん性 根拠がないこと、グリホサート イソプロピルアミン塩を有効成分とする除草剤は表示どおりに使用される限り安全であると、繰り返し結論づけています。

面倒なお庭のお手入れに使わない手はありませんよね。

 

ポイントまとめ!除草剤を併用してお手軽にシーズン別の雑草対策

 

春(3〜5月):放っておくとどんどん増える草はグリホサート除草剤で早めに対処

 

朝夕の冷える早春は植物もまだ小さいので、春のうちに除草するとあとの季節の除草が楽になります。この時期に繁茂しやすい雑草は、スギナ、ヨモギ、ホトケノザ、ハコベ、スズメノカタビラ、セイヨウタンポポ等です。雑草の生えている範囲がそこまで広くなければ、手や鎌を使って抜く「草むしり」が手軽かつ低コストです。根の張った草は地面がやわらかい状態で抜くのが楽ですので、雨の降ったあとに作業すると良いでしょう

 

引き抜くときは、雑草の根の部分を持ってしっかり抜きましょう。雑草の生えはじめるこの時期に持続性のあるグリホサート 農薬った除草剤を活用すると、その後は雑草が生えにくくなるというメリットがあります。

 

夏(6〜8月)の雑草対策:害虫を防ぐのにも有効!

 

夏は草木の成長期であると共に、雑草の成長期でもあります。日差しも強くなり気温も上がるため、草むしりは朝・夕の涼しい時間帯になるべく行い、帽子を被る等の熱中症対策を行ってください。また害虫の発生も多くなる時期ですので、長袖・長ズボンを着用の上、虫よけスプレーなどを使って害虫から肌を守ることも重要です。雑草は大きく育ってしまうと、手で引き抜くのも大変です。その場合、まずは地中に張った根を、スコップや鎌などを使って分断することで、抜きやすくなります。

 

特にこの時期に繁茂しやすい雑草は、カタバミ、オオバコ、ドクダミ、メヒシバ、ツユクサ、エノコログサ、ヤブガラシ等ですが、地上部が枯れても根が生き残り、翌年も繁茂する「多年草」が多いため、それを防ぐためには根っこから抜くことが重要です。雑草の成長が早い夏にグリホサート 農薬を使うなら、枯れ始めが早くて根まで枯らすことができるタイプがおすすめです。

 

秋(9〜11月):花粉の原因となる雑草。除草剤でまるごと対処も可能

 

真夏に比べると除草作業は楽にはなりますが、まだまだ雑草が生えやすく、害虫も発生するため、引き続き長袖・長ズボンの着用や虫除け等の使用をお忘れなく。この時期に繁茂しやすい雑草はセイタカアワダチソウ、ススキ、カヤツリグサ、オヒシバ等、背の高い草が多い傾向があります。成長すればするほどグリホサート メカニズムを用いた除草作業は困難となるため、できるだけ小さなうちに抜いてしまいましょう。

 

また春先にお庭に繁茂するヨモギやホトケノザ、オオイヌノフグリの発芽は秋で、冬を越して春に大きくなる多年草であるため、秋のうちに完全に除草すると春の作業が楽になるでしょう。これら厄介な多年草の対策にも、「根まで枯らす」タイプがおすすめです。

 

冬(12〜2月):春のお庭活用のために今のうちから準備しよう

 

一年で最も雑草による悩みが少ないのがこの季節で、繁茂しやすい雑草もゼニゴケやスギゴケ等、コケ類が殆ど。だからこそ<a